FC2ブログ

Welcome to my blog

スピリチュアルな視点からみた、認知症

スマホからご覧いただいている場合、≡マークを押すとカテゴリを選択できます

☆最新スケジュール → こちら 

☆天野夕海ってどんな人? → こちら

☆東京出張開催のご案内 → こちら

☆大阪出張開催のご案内 → こちら

☆天野夕海オリジナルサイキック講座 →こちら

 ☆ミステリースクール講座各種 → こちら


ここ数年、書こう書こうと思いつつ、なかなか書けなかったこと。

そして、このブログの検索ワードの上位をいつも占めるキーワード。

それが、意外にも「認知症」+「スピリチュアル」という組み合わせです。


やっとこうして、ふと思い立ってパソコンに向かっていますけれども、
タイトル通りに、スピリチュアルな視点からみた認知症についての明確な回答があるわけではないことを、まずはじめにお断りしておきます。

このブログに多くの方が上記の検索ワードで辿り着いてしまう理由は、私が実母の認知症の介護&看取りの経験を文章にしており、それを掲載している為です。
(認知症について以前書いたコラムはこちらです ※1~4まであります)

読んでいただくとお分かりになるかと思いますが、まったくスピリチュアルなことは書いておりません(^_^;)

でも、検索したくなるそのお気持ち、痛いほどよく分かります。

皆さんがどうして「認知症 スピリチュアル」とぐぐるのかを。

認知症を患った人に近しい人(要するに家族)は、藁にもすがる思いをするのです。

いつ終わるのかも分からない迷宮に足を踏み入れてしまったという感覚のなか、藁にすがるかのように、この迷宮から抜け出すことのできる方法が知りたいと切に願う。

私も渦中にあったときには、常にその迷宮のなかでもがき苦しんでいました。

答えは提示できないのですが、そういった経験をさせて頂いた者だからこそ、「認知症 スピリチュアル」と検索されてこのブログへ辿り着いた方へ、何らかのメッセージを書かせて頂きたいと思います。


もう5年も前のことですが、母が亡くなる前日の夕方、私はたまたまグループホームへ母に逢いにいきました。

他の入所者さんたちと同じ大広間にいた母を居室(個室)に連れて行き、正面に座って母を直視しました。

母はちゃんと呼吸をしていて、目も開いていて、その肉体はちゃんと生きていました。

私が買っていったチョコレートとプリンを、少しずつ口に運んでやるとほんのちょっと食べて、「美味しい」と言いました。

しかしながら、母はもう既に、そこには居ませんでした。

ああ、いよいよ移行する準備に入ったのだと、私は理解しました。

ほぼ完全なる抜け殻となった、けれどもまだ肉体は辛うじて生きている状態の母を、そのときにはっきりとこの目で見ました。

彼女は私に言いました。

「あなたは随分と優しい人なのねぇ」

それが、母が私に言った最後のひと言です。

この台詞を言ったときの母は、目を開いていたし、私のほうを見てはいました。
しかし、そこに魂はもう無かったのです。

恐らく、「美味しい」と答える瞬間や、その最後のひと言を言う瞬間には、肉体に接触して言葉を発したのだろうと思います。


と、何故ここで母が亡くなる前日のことを書いているのかと言うと、

私の見解では、認知症にかかったからと言って、必ずしもその人が肉体から切り離された状態へと入っているということは無いのでは?ということです。

この、母が亡くなる前日の「(本格的な)魂の抜けた感じ」を実際に見ているからこそ、認知症を患っている方が常々魂が抜けているかと聞かれたら、答えはNOと言わざるを得ないということです。


では、認知症を患っている状態をスピリチュアル的にはどう解釈するのか?ですが、

私は、記憶が不確かになるぶん、(肉体は移動しないが)思考が時間移動をし易くなる状態へと入っているのではないかと思うのです。

そして、その結果として、空間と時間の役割と比率が入れ替わり、空間を移動することは少なくなってゆく一方で、とにかく時間移動(つまり思考のうえでのタイムトラベルのようなもの)を繰り返ししている状態、と言えるのではないかと思います。

また、認知症には記憶障害だけでなく、幻覚をみたり妄想を語ったり暴力的になったりと、その症状は様々ですが、私はこれら記憶障害以外の各症状も、憑依など霊現象のようなものは一切関連がないと考えています。

しかし、認知症を患った人の語る幻覚が、認知症なのか霊現象なのかを見極める(嗅ぎ分ける)ある程度の読解力も、周囲の人々は求められることもありますよね。

実は、これも私は母の時に経験しています。

私の場合、母の語る幻覚の内容について、認知症によるものなのか、それとも霊現象なのかを知るために、少し時間をあけてから(半日、または一日)本人に幻覚の内容に関わることを何気なく質問し、覚えているか否かで判断していました。

もちろん、母はその半日か一日前に語った幻覚の内容を全く憶えていませんでした。


なんだか、ちっともアドヴァイスにもなっていないような気がするのですが(-_-;)

認知症に向き合っているあなたへ。

いつか必ず光明が見える日がやってきます。

一人で抱えないで、行政や周囲の人々に相談してみてくださいね。

特に、支援制度などは行政に相談してみてください。

道は必ずあると思います。


いつもブログをご覧頂きまして、ありがとうございます

天野夕海

〜 対面でのプライベートセッションメニュー 〜

★天野夕海のスピリチュアルカウンセリング&オリジナルヒーリング → こちら

★天野夕海のクリスタルヒプノセラピー → こちら

★24本エーテリックDNAアクティベーション → こちら

〜 遠隔でのプライベートセッションメニュー(全国どこからでもご利用可) 〜

★遠隔サナトクマラヒーリング(当日お申込み可)→ こちら

★天野夕海の前世読み(前世リーディング) → こちら

★天野夕海のスピリットリーディング → こちら

★恋愛相談メニュー「天野夕海のバサバサ斬ります」→ こちら

〜 願望具現化のための集中ワーク(白魔術代行) (全国どこからでもご利用可)

★天野夕海のアバンダンス集中ワーク → こちら 新・強化バージョンです

★天野夕海のシンクロニシティUP集中ワーク → こちら 新・強化バージョンです

〜 アニマルヒーリング (全国どこからでもご利用可)

★天野夕海のアニマルヒーリング → こちら

〜 除霊・上霊 (全国どこからでもご利用可)

★家(土地)のエネルギー調整(浄霊・上霊)(遠隔、出張可)→ こちら

〜 選りすぐりのクリスタルをお届けします 〜
★天野夕海クリスタルWEB SHOP → こちら

★世界に一つだけのオーダーブレスレットの制作のご依頼受付 → こちら


関連記事