FC2ブログ

睡眠の大切さ

スマホからご覧いただいている場合、≡マークを押すとカテゴリを選択できます

☆最新スケジュール → こちら 

☆天野夕海ってどんな人? → こちら

☆東京出張開催のご案内 → こちら

☆大阪出張開催のご案内 → こちら

☆天野夕海オリジナルサイキック講座 →こちら

 ☆ミステリースクール講座各種 → こちら


こちらも過去の記事を編集して再投稿します(2013/09/06)


今日は睡眠の大切さについて書きましょう。



あなたの周囲に、もしかしたら居るかもしれません。

何かに、誰かに、

常に怒っている人。

ああ~いるいる!と思ったそこのあなた。

もしかしたら、周囲からあなた自身がそう思われているかもしれません(^_^;)



一概には言えませんが、

いつも何かに苛々していたり、怒りっぽかったり。

情緒がやや不安定かな?と思う方の多くが、

実は、睡眠不足のようです。


いろんな説があって、中には人間は一日3~4時間の睡眠で十分、という方もいらっしゃいますね(それを実践されている方も)。

しかし、私は皆さんに最低でも6時間、可能であれば7時間くらいの睡眠をとることをお薦めします。

仕事や家事で忙しい毎日を過ごす方でも、週に1~2度は可能なら8時間の睡眠を取ることです。

※ここで新生児などを抱えているお母さんからブーイングが出そうですね。
 どうぞ、育児が一段落・・・の時期がやってきたら、ゆっくり眠ってください。
 育児、本当にお疲れさまです。




私たちは、肉体を休めるためだけに眠るわけではありません。

肉体の休息以外に、睡眠中に私たちはさまざまな作業をしているのです。

小説「ミュータントメッセージ」(著者によればすべて実話)にも、アボリジニの人々が円形になって眠り、
睡眠中にミーティングをするという記述があります。

私たちも、アボリジニではないけれど、眠っているあいだに宇宙と繋がり、必要な情報を受け取ったり、書き込んだり。

また、毎夜でなくとも、時おりソウルグループ等と会合を開いたりしているのかもしれません。

もしかしたら、特別な使命を帯びた人々は、眠っているあいだにどこかへ誰かを(何かを)サポートに行ったり(肉体は移動しない。つまるところアストラルトラベル)しているかもしれません。

また、担当の癒し手たちがやってきて、サトルボディ全体をヒーリングしてくれる場合もあるでしょう。

と、これだけの作業をこなすのには、とても4時間程度の睡眠では間に合わないのです。

特に、ソウルグループとの情報交換などは、入眠から6時間程度経ってからが本格化することが多いようです。

夢で悩みが解決できるとは言いませんが、あなたの抱えている問題解決のヒントや生きるうえでのリアルタイムのアドヴァイスなど、実は眠っているあいだに受け取っているかもしれないのです(ソウルグループとのミーティングなどで)。

・・・が、あまりにも睡眠時間が短いと、ミーティングに自分だけ欠席という場合もあるかもしれませんから、気をつけたいところです。



とは言え、私もいつでもたっぷり睡眠時間をとっているというわけではありません(^_^;)

稀にですが、一日3時間程度しか眠れないこともあります。

勿論、そんな日の後にはしっかり眠ることを心がけますが~。



皆さまも、ご自分の睡眠時間をふりかえってみてくださいね☆彡



いつもブログにアクセス頂きましてありがとうございます。

天野夕海
〜 対面でのプライベートセッションメニュー 〜

★天野夕海のスピリチュアルカウンセリング&オリジナルヒーリング → こちら

★天野夕海のクリスタルヒプノセラピー → こちら

★24本エーテリックDNAアクティベーション → こちら

〜 遠隔でのプライベートセッションメニュー(全国どこからでもご利用可) 〜

★遠隔サナトクマラヒーリング(当日お申込み可)→ こちら

★天野夕海の前世読み(前世リーディング) → こちら

★天野夕海のスピリットリーディング → こちら

★恋愛相談メニュー「天野夕海のバサバサ斬ります」→ こちら

〜 願望具現化のための集中ワーク(白魔術代行) (全国どこからでもご利用可)

★天野夕海のアバンダンス集中ワーク → こちら 新・強化バージョンです

★天野夕海のシンクロニシティUP集中ワーク → こちら 新・強化バージョンです

〜 アニマルヒーリング (全国どこからでもご利用可)

★天野夕海のアニマルヒーリング → こちら

〜 除霊・上霊 (全国どこからでもご利用可)

★家(土地)のエネルギー調整(浄霊・上霊)(遠隔、出張可)→ こちら

〜 選りすぐりのクリスタルをお届けします 〜
★天野夕海クリスタルWEB SHOP → こちら

★世界に一つだけのオーダーブレスレットの制作のご依頼受付 → こちら


関連記事