FC2ブログ
天野夕海 最新情報

「秘密の花園」

2020/03/14
 天野夕海 回想とか思いとか
こんばんは。セラピールーム・プリムヴェール、天野夕海です。


言わずもがなスマホを持ってだいぶ経ちますが、時間があるとSNSやネットニュースを見たり読んだりして過ごすことが多いもの。


今回の新型コロナウイルス「COVID-19」の渦中に在っては尚一層ネットニュースを見ている自分に気づき、どうせ読むなら英語の勉強の時間にしようと、数日前からBBC Newsを読むことにしました。


また、数ヶ月前からKindle Unlimitedで空き時間は読書も。


今日読み終えたのは、バーネットの「秘密の花園」。


児童書扱いの作品ですが、ロザリアン(薔薇を育て愛でることを楽しむ人)の私にとっては描かれた情景がまさにイングリッシュガーデンそのものですし、作中で書かれたテーマは幾つかありますが、中でも「魔法」と表現された「人知を超えた何か」について、そして「自分で自分を縛りつけた『こころ』をいかに鳥籠(若しくは檻)のような場所から解放するか?」についてを描いた素晴らしい作品と感じました。


これは大人にこそ、お勧めの一冊です。


読み進めながら、作者の言うところの「魔法」を私も自分の庭でつくづく感じることが多いですし、もちろん庭以外でのふだんの日常でもその「人知を超えた何か」を感じる瞬間が、まるで宇宙から吹く風のように我が身を包み込む瞬間があるので、うんうんと何度も頷きました。


そして、まるで誰かに囚われているかのように、自分の人生を自分で鳥籠や檻のような場所に閉じ込めているような方にも、お勧めしたいです。


若い頃、かなりの数の文学作品や戯曲を読みました。もちろんそれぞれに何らかの印象や感銘を受けたものですが、中には読むと「何か」が起こる作品がありました。


「秘密の花園」。


これは、寝ている人を起こす、「目覚め」の作品とも言えるかなと、思いました。


「太陽が輝く、太陽が輝く──それは魔法。花が育つ、根が動く──それは魔法。生きている──それは魔法。強くなる──それは魔法。魔法はぼくの中にある、魔法はぼくの中にある──ぼくの中にある、ぼくの中にある。魔法はぼくらの中にある。魔法はベン・ウェザースタッフの腰にある。魔法よ、魔法!  われに力を貸したまえ!」」—『秘密の花園 (光文社古典新訳文庫)』バーネット著

セラピールーム・プリムヴェール 天野夕海





~ 本日のおまけ ~


今日は雪の1日でしたので、雪の少しかかった本日の庭の様子です。


ノイバラ(野ばら)の新芽にかかる雪




クリスマスローズにかかる雪





そして


雪で重そうに垂れるギンヨウアカシア


関連記事
セラピールーム・プリムヴェール 天野夕海
Admin: セラピールーム・プリムヴェール 天野夕海

こんにちは、セラピールーム・プリムヴェールの天野夕海です。

2007年1月より、福島県を拠点として活動させていただいております。
「宇宙とあなたを繋ぐお手伝い」をさまざまな形で提供しています。
全国どこからでもオンラインでご利用頂けます。
対面でのサービスは福島が拠点です(全国出張可)。

プライベートセッション内での会話は全て守秘義務を遵守致します。

 天野夕海 回想とか思いとか