FC2ブログ
天野夕海 最新情報

過去生と自動書記

2020/02/23
 ふしぎ系小ネタ
ごきげんいかがですか?天野夕海です。
ブログの更新の間があいてしまい、失礼致しました。
一月からずっと猫の看護(というか介護)を続けておりまして、パソコンに向かう時間が激減してしまっておりました。おまけに猫に水かお茶をキーボードにこぼされまして、右側半分が押しにくい(・・;) 
こういう場合を想定して、モニタとキーボードが別々のMacにしておいてよかったです。キーボードを買い替えなくちゃ~。
お陰さまで、猫たちは少し落ち着きまして、やっとこうしてブログの更新やら、溜まった作業もできるようになりました。確定申告の計算もそろそろ始めないと、です。
とは言え、愛猫マルクトも実は体調を崩しておりまして、そして月末には仔猫の避妊去勢手術。がんばります٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
ブログの更新がストップした2月1日ごろ、ちょうどインボルク~日本では節分のころ~に、私にとってのとても大切な友人とのご縁の紡ぎ直しをさせて頂いたこともあり、その大切な友人とほぼ毎日何らかのやりとりをLINEでしつつ、猫のお世話をしていた感じの二月の第一週&第二週。私にとってはこうした期間が人生に於いてとても重要な場合があります。
そして、三週目、最近ですね。また今度は別な大切な方との関係性の強制リセットが起こりました。
互いの伝えたいことは本当の意味が恐らく相手に伝わらず、誤解が更に誤解を生んでしまいそうな負のループ・・・という、水星逆行あるあるなドンピシャ感で深追いせず。
でもそのリセットに水星逆行に入るだいぶ前から(無意識にですが)備えて行動をしていた自分もいたり。
※まだしばらく水星逆行は続きますので、現在進行形で人間関係に悩んでいる方は「深追いしない」のが一番。クヨクヨ悩んで、いろんな妄想をして自分も相手も追い詰めてしまう方は、私のように、暫く連絡をとっていなかった方との「ご縁の紡ぎ直し」をなさると効率がよいかもしれません。
と、ここまでは前置き。
人間関係に関しての諸々も、また後ほど書きたいとは思います。
さてと、今日の本題は「過去生と自動書記」です。
久しぶりの更新なのに、皆さんが「ええええ」と驚くようなネタをご用意しました(笑)。
最近ご縁を紡ぎ直したその友人といろんなことを話していて、私にとっては彼女にはなんでも話していたつもりだったのですが、話していなかったことが結構いくつもあったことを知り、もちろんブログに全てを書くつもりはないのですが、数日前にその友人もびっくりしていた内容をシェアしたいと思います。
私、天野夕海。5~6歳の頃に、ポルノ漫画を描いておりました。
ええええ?とびっくりしますよね。
そりゃあ、末恐ろしい子どもですよ(^^;;
でも、それこそシンプルに「自動書記」だったのだろうな、と今では冷静に思い返すことができます。
このことがずっと自分のなかでも引っかかっていて、それこそうんと仲の良い友人にも言っていなかったのだろうと思います。
ですが、一昨年くらいでしょうか?
ネットで何か調べものをしていた時、江戸時代の江戸での銭湯についてのコラムを目にし、読んだことがあったのです。
私は驚きました。
と同時に、楽になりました。
以前から、私が幼少期に描いていたのは、「恐らく過去生なんだろうな」とは思っていたのですが、まさにその江戸の銭湯についてのコラムには、私が幼少期に描いていたポルノ漫画の情景が言葉で説明されていたのです。
「湯女(ゆな)風呂」と検索をすると、その概要を知ることができます。
ご興味おありの方は検索してみてね☆~(ゝ。∂)
以前から、よく「天野さんって自分の過去生も分かるんですよね?」と質問されると、「え?わかんなーいヽ(´▽`)/」と即答していた私でしたが、この、自分が湯女(ゆな)だったときの過去生ははっきりと覚えている、と言うことができるかと思います。
だって、幼稚園児で、コマ割りまでして、台詞も書いて、ちゃんとストーリーになっていたんですよ。
当時、本当に絵を描いてばかりの子ども時代でしたが、普段は可愛い女の子や動物、風景などを描いていました。そういうときには、コマ割りも台詞もなく、イラストとして描くのみ。
しかし、その江戸の湯女についてを描く時だけはきちんとストーリー仕立てだったのです。
しかも、当時、性的な意味など分からないはずであるのに、「これは見られてはならない」と、どこかに隠していた記憶があります。
とは言え、幼い子どもですもの。詰めが甘い(笑)。
おまけに、自動書記なものですから、書き出したら筆が止まらないのです。そうして無心に描いていたところに姉がやって来、姉が紙を没収し、母に報告。母、絶叫。(笑)
と、昔、そんなことがありました。
今では自動書記をしても、この湯女の頃のようなポルノチックなものは出てきません。
年齢を積み重ねると言うことは、良くも悪くも、自分の自由さに蓋をするということなのでしょうね。
今日もブログをお読みくださいまして、ありがとうございます。

セラピールーム・プリムヴェール 天野夕海



今日のおまけ画像


バレンタインデーのショコラケーキ


(友人の息子の彼女作) 美味しかった♡

関連記事
セラピールーム・プリムヴェール 天野夕海
Admin: セラピールーム・プリムヴェール 天野夕海

こんにちは、セラピールーム・プリムヴェールの天野夕海です。

2007年1月より、福島県を拠点として活動させていただいております。
「宇宙とあなたを繋ぐお手伝い」をさまざまな形で提供しています。
全国どこからでもオンラインでご利用頂けます。
対面でのサービスは福島が拠点です(全国出張可)。

プライベートセッション内での会話は全て守秘義務を遵守致します。

 ふしぎ系小ネタ