FC2ブログ

10年目。

こんにちは、天野夕海です。お正月もお仕事の方もいらっしゃるかと思います。
お疲れさまです(^^)
私もこうした自由業のため、お正月中も何かと細々と作業中だったりします。
何年か前に社会勉強のために、本業の傍ら一年弱、コンビニで深夜勤のアルバイトをしてみたことがありました。
そのとき、大晦日も元日も買い物にいらっしゃる男性がいました。
いつもその方がいらっしゃる、普段どおりの出勤前の早朝の暗いうちに。
不思議に思い、「仕事場、お正月も稼働しているのですか?」とお聞きしたところ、「おれ、(仕事場が)原発だから」という答えがかえってきました。
いちえふ(福島第一原子力発電所)勤務だからね、と笑顔でそう答えたその方の言葉に、頭が下がる思いがしました。
私が働いていたコンビニは、郡山。
郡山から原発まで毎日通勤なさっている方々がいらっしゃるということさえ、私はそのとき初めて知りました。
なんと言ったらいいのか分からず、然し乍ら、出た言葉は「ありがとうございます」でした。
接客用語としてのありがとうございます、とはまた別な意味で。
最初はさ、よし!俺が日本を救ってやる!
そう思ったよ。
でもね、まぁなかなか…あれだよね。
やっても、やっても…。
そう言うと、その方は暫しうつむき、でもすぐに私の顔を見て、笑顔で「行ってきます」と言いました。
私も「行ってらっしゃい。ありがとうございました」と笑顔で言いました。
あの方、どうしているかな?と、時折りふと思い返します。
本当にたくさんの方々が今も尚、毎日危険な作業に従事してくださっている。
そのうえに私たちの生活は成り立っているんだな、と時折、感謝と共に思い返します。
2020年ーーー。
あれよあれよと言う間に、東京オリンピック開催の年となりました。
どんな年になるのやら?
現実的に言えることは、東京のホテルなど(東京に限らず)、予約しにくくなるのかなあ~なんて、呑気なことを考えております。
あ、もしかしたら、京都にもお客さん流れて宿が取りにくいかも?
今年の東京出張や京都出張は、早め早めに宿泊先など押さえようと思います(๑>◡<๑)
東日本大震災、福島原発事故から数えて10年目となる今年。
もう10年。まだ10年。
今年も自分にできることを、この福島の地で、そしてご縁ある土地で、させていただこう。
そう思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

天野夕海


今日のおまけ



12月初旬、京都出張の際に行かせていただいた


嵯峨野の化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)の竹林


嵐山から歩いて嵯峨野へ入ってすぐの、野宮神社(ののみやじんじゃ)付近は観光客の方が大勢いらっしゃいます。


嵯峨野のてっぺん、化野念仏寺の竹林はどなたもいらっしゃらないので、竹と土地と霊達にご挨拶がゆっくりできます。



関連記事