FC2ブログ

喜びのその前に。

スマホからご覧いただいている場合、≡マークを押すとカテゴリを選択できます

☆最新スケジュール → こちら 

☆天野夕海ってどんな人? → こちら

☆東京出張開催のご案内 → こちら

☆大阪出張開催のご案内 → こちら

☆天野夕海オリジナルサイキック講座 →こちら

 ☆ミステリースクール講座各種 → こちら


キャンドルを焚いた件についてはひとつ前の記事をお読みください。→ こちら


こんにちは、天野夕海です。

一昨日の夜に「JOY」(喜び)のキャンドルマジックを自分自身へ施したのに、私ったら昨日どうしてたと思います?


怒ってました(笑)。


と言いましても、もちろん四六時中怒りにコントロールされていたわけではありません。


あれ?私はJOY(喜び)のためのキャンドルマジックを行った筈なのに、なんで???と自分でも本当に不思議に思いました。


何故だろう?と考えて、午後になってから答えがやっと見えてきました。


恐らく、自分が押さえ込んでいた感情を素直に認めることができるようになったんですね。

あー、なるほど!と思いました。

JOY(喜び)へと至るにはまず毒出しせよ、ということなのでしょう。


お断りしておきますが、この「毒」とは他の誰かの毒ではなく、あくまでも私自身のものです。

そのようなわけで、昨日は自動的に感情のデトックスが行われていた一日でした。と言っても、デトックスなんだなと分かってから数時間後の夕方くらいまででそれもひと段落したようです。


怒っていたと言っても、最近の出来事についてでなく、もっと前のことがふっと突然ランダムに思い出されては消えてゆく・・・といった感じでした。


謂わば、蓋をして仕舞いこんでいたものが、蓋が自分の意思とは無関係に次々と開いては目の前に提示され、「これが目に入らぬか?」と言わんばかりに思いきりどーんと見せられてひれ伏す感じ?

水戸黄門かよ・・・と、自分で自分に昨日は夕方までツッコミを入れておりました。


見せられた時にはその都度、その時(当時)感じたことを素直に追体験していた感じで。


私がこうした体験をさせられるのには、きっと理由があるのです。


身の回りの人間関係に於いて、相手の言動(特に言葉でしょうか)に対して何らかの「違和感」を覚えたとき、私はその場でそれを相手に伝えるということが苦手です。

これには様々な理由があると思います。

自分の考えを言いたくないとか、言わないでおこうだとか、自分が我慢すればいいんだ、なんてその瞬間は思っていないんですよね。

面倒だから言わない、とかでもない。

どう思われてもいい間柄の方の有り得ない言動の場合には、面倒だから言わないという選択をすることもありますが。


幼少期からの育った環境も影響しているとは思います。自分の考えを言ってはならないと教え込まれたわけではありませんが、育った環境ゆえに自分の考えを押し殺してしまうことに慣れてしまったとも思いますので。


しかし、何らかの(あくまでも自分にとっての受け取り方としての)「違和感」を感じたとき、私はその違和感の全体像を掴みたいと思う傾向があるようにも思うのです。

私には、総合的にその前後の会話の内容ややりとりの背景と雰囲気を鑑みる時間が必要なようです。

その間、私はその違和感の正体が何なのかを分析します。もちろんこれは相手が私に与えた違和感の原因究明なわけですが、相手の人となり(人間性)について分析するのでなく、なぜ自分が違和感を覚えたのか?を、時間をかけて自分自身を分析する作業なのです。


何について自分が傷ついたのか、

何について私は悲しいと感じたのか、

何について私はがっかりしたのか、

何について私は怒りを覚えたのか。


そして、それらの感情がなぜ私のなかで動いたのかを、私自身の内面のどの部分にリンクしているのか?を、ひと通りじっくり分析しています。


・・・と、私のなかではこうした分析タイム(あくまでも自分自身の分析です)が設けられるため、「違和感を覚えたとしてもその場で即座に相手の言葉に反応できない(しない)」という結果となります。


そしてそんな風に自分自身の分析タイムを一定期間設けているうちに、詰まるところ、私は自分の感情に蓋をしてしまう結果をも生み出してしまうのでしょう。


一定の時間、分析することも大切な気もします。

しかしながら、それで自分の感情に蓋をしてしまうのであれば、それこそ身も蓋もないとも思います。


・・・と、昨日は自分の内側に湧いては消えてゆく微かな「怒り」という感情を噛み締めながら、今更ながら新たに考察しておりました。


「自分に優しくする」

その難しさについて詳しくはまだ書いていませんが、自分に優しくする前段階の気づきについては2つ前(一昨日)の記事( → こちら)で触れましたが、昨日の「過去に感じた怒りや悲しみを追体験する」という作業は、それこそが「自分に優しくする」ための重要な第1ステップなのだろうと思うのです。


怒りや悲しみをおぼえた過去の記憶を見せられ、そのときの感情をもう一度体験して噛みしめる。

そして、それはその過程(思い出して当時の思いを噛みしめること)を経て、自動的にきちんと消化・昇華できたように思います。

これは至極、ヒプノセラピー的です(思い出すことを体験することで、そのトラウマやわだかまりを解除したり解放できたりするという恩恵がヒプノセラピーにはあるためです)。

私は昨日、自分自身へのセルフヒプノを行っていたとも言えるでしょう。


今ではその過程も終わり、何の怒りも悲しみも感じません。

めちゃくちゃ穏やか、波の全くない猪苗代湖の水面のようです(笑)。


私はもともと「(誰かを)赦す」という表現が好きじゃないんですね。

誰かを赦せないという意味では決してなく、誰もが赦し赦されるであろうし、「あなたを赦すわ」なんて、私が誰かに思ったり発言するなんて考えただけで「何様のつもり?」(自分自身への言葉です)と思ってしまう。


JOY」(喜び)を自分にもたらして、喜びに満たされたステージへと進むには。

一昨日書きました「自分に優しくする」ことが大切で、しかしそれは案外、誰にとっても難しくて。


ですから、昨日の「怒りや悲しみの追体験」という作業と経験は、「自分に優しくする」ためのその前段階の重要な通過儀礼だったように思います。


今日もありがとうございます。

大型連休明けですが、お仕事や学校に行かれる方はお気をつけて。

出かける予定のない方にとっても、日常的な平日の再開ですね。

皆さまにとって、善き一日となりますようお祈り申し上げます。

 天野夕海

〜 対面でのプライベートセッションメニュー 〜

★天野夕海のスピリチュアルカウンセリング&オリジナルヒーリング → こちら

★天野夕海のクリスタルヒプノセラピー → こちら

★24本エーテリックDNAアクティベーション → こちら

〜 遠隔でのプライベートセッションメニュー(全国どこからでもご利用可) 〜

★遠隔サナトクマラヒーリング(当日お申込み可)→ こちら

★天野夕海の前世読み(前世リーディング) → こちら

★天野夕海のスピリットリーディング → こちら

★恋愛相談メニュー「天野夕海のバサバサ斬ります」→ こちら

〜 願望具現化のための集中ワーク(白魔術代行) (全国どこからでもご利用可)

★天野夕海のアバンダンス集中ワーク → こちら 新・強化バージョンです

★天野夕海のシンクロニシティUP集中ワーク → こちら 新・強化バージョンです

〜 アニマルヒーリング (全国どこからでもご利用可)

★天野夕海のアニマルヒーリング → こちら

〜 除霊・上霊 (全国どこからでもご利用可)

★家(土地)のエネルギー調整(浄霊・上霊)(遠隔、出張可)→ こちら

〜 選りすぐりのクリスタルをお届けします 〜
★天野夕海クリスタルWEB SHOP → こちら

★世界に一つだけのオーダーブレスレットの制作のご依頼受付 → こちら



写真は昨日すっかり開花したお庭の牡丹の一輪め。

私のホームタウン、福島県須賀川市は牡丹で有名な地です。

今ちょうど、牡丹園が見頃だろうと思います。

遠方の方で来られる方はご案内致しますのでお知らせください。

須賀川の隠れたエネルギースポットをご案内することも出来ます。


関連記事